NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

適当にシューティング話

前回ザナックなどを割と苦戦せずにクリアできてしまったという事に関して、少なからず自分のシューティングの腕前というものが上がっているという事を実感しました。こういうことを自分で言うと驕ってるようで気持ちのいいものではないですが、3年近くもシューティングをプレイしてきて全く上昇していないというのも謙遜を通り越して単なるウソになってしまうでしょう。

無論腕前が上がっているといっても未だ太刀打ちできないシューティングはたくさんありまして、まだまだ精進する必要があるというのは痛いほど身にしみております。

ここからが本題なのですが、そういった実感と共に「シューティングが上手くなる」というのはどういうことなのかなというちょっとした疑問が頭に浮かんできたのです。

でちょっとこんな図を作ってみました。



エクセルのグラフを貼り付けただけというツッコミはさておき、グラフの説明をば。
グラフの縦軸はどれくらい経験を積んだかで、経験値とでも読み取ってください。横軸の数字は時間の経過です。

まずプレイヤーはシューティング未経験者という事を前提にして、最初に怒首領蜂を始めたとします。
これが1の時点でして、当然経験値は0です。

そこからある程度怒首領蜂のプレイ回数を重ねたのが2の時点のグラフです。この青色の部分が「基礎能力」で赤色が「怒首領蜂対応力」となっております。

次に3の時点では怒首領蜂を止めてグラディウスを開始した時点でのグラフでして、同様に4はある程度グラディウスのプレイ回数を重ねた時点でのグラフです。以下5・6は同様にレイストームを例とした場合で、この後にはまた別の作品が続いていくでしょう。


さて「シューティングが上手くなる」とは一体どういうことなのかですが、これは大きく分けて2つの力があるのではないのかと私は思っています。

1つは個々のゲームを攻略する力です。上のグラフでいうところの「怒首領蜂対応力」「グラディウス対応力」「レイストーム対応力」がそれにあたります。
これはそのゲームを上手く進める上でのテクニック・知識であり具体例を挙げると、
・3面後半の戦艦のパーツをノーボムで破壊すると1UPが手に入る(怒首領蜂)
・4面はレーザーよりもダブルの方が有利(グラ)
・ハマチレーザーは画面端まで自機を押し付けてニュートラルに戻したときに引き戻される位置が安全(レイストーム)
といったものです。例として分かりやすいものを出しましたが、敵の出現パターンやボスの攻撃パターンなどその最たるものです。これらは基本的にはそのゲームでしか役に立ちません。怒首領蜂の1UPの出しかた知っててもグラでは何の役にも立ちませんわな。


そしてもう1つの力がシューティングの基礎能力です。
これはシューティング全般を上手く進めるためのテクニック・知識でありこちらの具体t例は、
・奇数弾・偶数弾の見分け方や避け方
・誘導レーザーの避け方
・切り返しの方法
・ボムはミスすると補充されるから使わないと損
・プレイの際の視点の置き方
といったものです。反射神経やレバー捌きなどもこちらに入るでしょう。
これらは縦横問わずさまざまな2Dシューティングで通じるものばかりです。つまりそれだけシューティングなんてどれもこれも似たり…ゲフンゲフン、応用が利きやすいジャンルなのですな。
敵の出現パターンそのものはそのゲームでしか役に立ちませんが、「危険な敵から倒す」というセオリーは大抵のシューティングで共通でしょう。


冒頭で私自身のシューティングの腕前について書きましたが、回数を重ねていないにも関わらず苦戦しなかったということは後者の基礎能力が上がっているという事になるのでしょうな。もちろん個人差はあるでしょうが、シューティングはこなせばこなすほど上達するジャンルなのは確かです。あと怒首領蜂とグラに比べてレイストームの基礎能力向上の割合が低くなっていますが、これはあくまで例として書いただけなのであしからず。

さて、こうしてみると基礎能力を伸ばすようなタイトルをプレイすることがシューティング上達のためへの近道と思われますし、もしシューティング初心者にタイトルを薦める場合もそれを踏まえてチョイスをするのがベターという事になるでしょう。
…そう考えると雷電DXあたりがいかによく出来ているかがますます実感できます。
理想を言ってしまえば難易度が簡単でそれでいて基礎能力が付くようなタイトルこそがベストなのですが…少なくとも今パッと頭に浮かんでくるようなタイトルは…うーん難しい…。
これは!というのがありましたらぜひ教えてください。

まっ、そんなことをあれこれ考えるのもまた楽しいですが結局のところ自分が好きなタイトルを他人に迷惑がかからない範囲で好きなように遊べばそれでいいのです。じゃあ雷電DXでもプレイしてきます。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/570-f781f234
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad