NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PSYREN第15話感想

サムライうさぎがここ数週最後尾付近なうえにいまだ連載1周年カラーがきていないというのは、かなりヤバイかも…また困ったことに実際2回戦入ってからの展開がどうにもらしくないのがなぁ…。さらには新連載陣も意外と悪くなかったときましたから、こりゃ次期の生き残りはかなり熾烈な争いになりそうです。

そんな他作品よりもまずサイレンの心配をしろというツッコミがもっともなサイレン15話感想です。
今週の一番の見所:何の説明も無くアゲハたちと飛龍が合流していること。

先週の段階でてっきり別行動すると予想していたのにまさか同じ建物って…。

それはともかく、雨宮の話に対する集まった人々の反応がやっぱりどうも不自然です。
初回のときもそうでしたが、ここに至るまでの経緯や周りの状況を考えればここが未来というのにも説得力は十分あると思うのですが。で未来というのは信じないくせにゲートへたどり着けば帰れると言われてゲートを目指そうとするのも変です。
不安な中で朧の行動に引っ張られていった・懸賞金を渡したくなくて我先に行動した・実際に自分の目で確かめたくて外に出たといった心境を読み取れないことも無いですが、それでもやっぱり描写としてちと弱いです。

今回の不満はその部分につきます。

今回のゲートはかなり近いようですが、辺り丸ごと警戒区域ということからも分かるようにどう考えてもすんなりゴールできるとは思えません。案の定サンドウォームみたいなデカブツも出てきましたし。
しっかしデカイですな…間違いなくアゲハのPSIがアレに対する切り札になるでしょうな。といいますか現状それ以外思いつきません。雨宮と飛龍(ついでに朧とカブトも活躍してくれるとうれしい)がスキを作って、弱点の珠を破壊するといった感じでしょうな。
しかし展開的にまずは一旦ここから逃げて作戦を立てるのが妥当でしょうな。オジキの家にも行かないと先週ヒキの意味がありませんし(笑)

それにしても思うのですがこのゲーム、初回のゲームバランスひど過ぎでしょう(苦笑)
RPGで例えるなら
・レベル1
・装備なし
・道具なし
・魔法なし
でいきなりゲーム中盤のフィールドからスタートするようなものです。
さらには周りに情報をくれるキャラもおらず、今回のような丸ごと警戒区域で突然強敵が出る可能性もありです。それでも何とか運良く町にたどり着き、レベルの高いキャラ(マツリ先生)が登場したと思ったら仲間に出来ないと。そしてここで初めて説明書(テレカ)が読めるようになり、魔法も使えるようになると。

うむ、クロスレビューで1点取っても仕方が無いくらいのクソゲーです。

いちゲーオタとしてはプレイしているアゲハたちがとても気の毒に思えてきました。
クソゲーは大抵エンディングもまともじゃなかったりするけど頑張れアゲハ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/579-8048be60
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad