NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PSYREN第16話感想

今週号の表紙で他の漫画のキャラたちがそれぞれの駒を持っている中、一人だけ駒に埋もれているごっちん…しかも新連載ダブルアーツのヒロインに心配そうに見られているのがまた何とも笑いを誘います。

一方「夜科」の文字が「センターカラー!ToLOVEる」で微妙に隠れてしまっている地味なキャラが主人公のサイレン16話の感想です。
なんと!来週センターカラーです。
次回17話目で別に何の記念でもないのにセンターカラーがもらえるということは、少なからずアンケートが取れているということでしょうか。ここ数週言っておりますように今期は激戦っぽいですが、これなら安心してもよさそうです。ただ来週同じくセンターのサムライうさぎは1周年なのにセンターなのですよね…これはヤバイです。

では本編の話です。
今週はアゲハ、飛龍それぞれのPSIの特性っぽいのがよく出ていたと思います。不安定だけど爆発的な力を秘めたアゲハと、天才型の飛龍といった具合に。ただ、気合を入れたら壁に穴が開いていたり、大蛇の目を潰していたりと、アゲハのバーストの描写が若干インパクトに欠けるのでもう少し何かあるといいかなと感じました。要するに地味。
PSIの大気に満ちた世界のおかげで現代よりも大きな力が出せるというのはなかなか説得力のある良い設定だと思います。

そしてそんなアゲハ達とは対照的にあっさり消されていくモブキャラ達。
前から気になっていたのですが、この漫画「夜」「朝」「雨」「霧」といった天候や時間に関係した文字が主要キャラに入っているせいで生死が予想しやすく今ひとつ生き残りの緊張感に欠けます。別に今いるキャラを殺せとは言いませんが、モブキャラにしてもある程度キャラ立ちさせてから殺した方が読者に驚きを与えられるのではないかなと私的には思います。

引きでようやくタツオらしき人物が現れたので、次週のセンターではグイッと引き付けられるような展開を期待したいです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/580-87d6c8c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad