NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PSYREN第23話感想

今週のスケットの過去話、兄目線の語りといい呼び名をぼかしたりしているということは…。

それは次回のお楽しみとしまして、サイレン第23話感想です。
今週はアレですな、いつになく表情豊かな雨宮も捨てがたいのですが、アゲハの力のヤバさ、その一点に尽きますな。

敵味方関係なくPSIに反応してブラックホール的に消すといった感じの力ですが、ポイントは発動した本人の制御が利かないという部分でしょう。
登場人物的には計算できない厄介な能力でしょうが、漫画的に見ればこういった反則的な能力には何らかの制約・問題がある方が、今後そこをカバーしたり克服したりと展開に広がりようがあるのです。

しかしヒリューのドラゴンテイル(失笑)のように、PSIの力が本人によるイメージだとすれば、アゲハのそれはえらく破滅的なものですな。その辺は1話で日常に満たされないものを感じてむしゃくしゃしてケンカ売っていたとかいうのも関係あるのかもしれませんな。

おそらく次に現代に帰ってからはこの力のコントロールがアゲハの課題となるでしょうな。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/599-c6aef613
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad