NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

続・月影村の帰還

現在月影村リハビリ中。といいますか実はもう出口も脱出してしまったので各種ゴミ壺ダンジョンなどをまったり進行中です。




そう、風来人の旅立ちにかける言葉といえばこれしかないでしょうが。例えエンディングまで数時間しかかからないローグライクで主人公が喋らなくとも、こうして情緒あふれる物語を展開させることはできるのだと、改めて思いました。あのイザナギの子孫である勇者さまはケヤキの事なんてよくきき状態で祝福物忘れの草を飲んだかのごとく何一つとして覚えていないのでしょうけどね。


それにしても前回の解説文もそうですが、私が月影村にえらくご執心だと感じた方もいるはずです。
せっかくなのでちょっと昔の話を交えながらその辺の理由について書いてみる事にとします。

ご存知のように私は風来のシレンシリーズを初代(もちろんその前にはトルネコ1)から全作プレイしてきた人間であり、Winアスカに至ってはプレイ時間がとうの昔にカンストしてる有様です。一段落した現在でも時々プレイするほどですから相当なものでしょう。でアスカをそれだけプレイしているわけですから当然アスカをシリーズ最高傑作と評価しています。初代の衝撃と面白さも素晴らしいものでしたが、シリーズの良さをまとめて絶妙なバランスに仕立て上げたという点がアスカを推す理由です。

しかしはじめからアスカを最高傑作だと評価していたわけではなく、DC版の時点では本体まで購入しておきながら白蛇を一度クリアしただけで止めてしまった程度でした。それがどうしてWin版をプレイするようになりプレイ時間カンストまで行き着くことになったのか。その間を埋めるものは裏白でもオンラインの有無でもなく、何を隠そうこのWin月影村なのです。

私が初めてPCを買ってネットに繋ぎ始めたころ、一番最初に目に留まったPC用のゲームがWin月影村でした。もちろんPC買う以前から有名なPCゲームの名前くらい知っていましたが、DCアスカの攻略本のゲーム紹介ページなどに載っていたWin月影村が唯一自分の知らないシレンだったというのが最大の理由ですね。(ちなみにGB版は当時予約して買いました)

そしてダウンロードでWin月影村を購入し、プレイを重ねていくうちに私の中で風来のシレンというゲームにおける価値観・遊び方に変化が生じてきました。

今だから書けますが、昔の私はいわゆる「もっと不思議」しか認めないプレイヤーだったのです。
食神に掛軸裏、神社に壺の洞窟、ドラスにクロンetc、肉ダンジョン罠ダンジョンその他特殊ダンジョンといろいろなダンジョンがありますが、そのいずれももっと不思議と比べてアイテムの種類が少なく、装備も弱いためモンスターと戦うとすぐHPが真っ赤になる印象ばかりで好きではありませんでした。
特にアスカは白蛇まで多くの特殊ダンジョンをクリアする必要があり苦痛で仕方がありませんでした。斎戒ですらそうでしたからクリア後の深層などもってのほかです。

Win月影村でもはじめのころは出口しかプレイしていませんでしたが、ふとある時気まぐれにゴミ壺ダンジョンの「サドンデス」という今週の穴に潜ってみたのが転機でした。このダンジョンの基本ルールは日替わりと同じですがレベル70でHP5で固定です。最初はクリアしただけで満足だったのですが、ネット番付で自分のタイムが載ることが分かりトップを目指してみようと思い立ったのです。その1週間は誇張抜きで1秒1手を縮めるためのプレイの繰り返しでした。
最終的には競っていた方に負けたのですが、この過程で今まで自分が知っていた不思議のダンジョンとは全く異なる遊び方が存在しているということに気づかされ、これをきっかけに他のゴミ壺ダンジョンにも潜ってみることにしたのです。するとどうでしょう、装備の出ないクロンの拳を進めるためにはどうすべきか、杖と仲間しか頼れない杖道一直線ではどう立ち回るべきか、ターン数の猶予が無い突風注意報ではどういう指針で進めるべきか、良いスコアやタイムを出すには何が大切か…こういった事を考えるようになり同時に楽しみを感じるようになっていたのです。

乱暴な言い方ですが、それまでの私は「もっと不思議での常識」にだけ縛られてプレイしていたのですよね。そしてその常識に縛られたまま特殊ダンジョンに潜ったところで上手くいくはずも無く面白くもない。端的に言ってしまえば頭が固かったのですね。

それが各ゴミ壺ダンジョンという制限されたルールにおいてプレイすることによって、不思議のダンジョンというゲームの違う側面が見え、同時に新しい面白さに気づかされたのです。また、一つの特殊ダンジョンでの経験が他のダンジョンでの立ち回りに影響を及ぼすこともあり、結果的に総合ダンジョンであるもっと不思議でのテクニックも上達するという副産物も得られました。

それからしばらくの間寝食を惜しんで月影村をプレイするようになりましたが、そうなった私が公式サイトからもバナーが貼られている兄妹作のWinアスカにも興味を持つのは自然な流れでしょう。

月影村での経験のおかげでDC版の時は苦痛で仕方が無かった特殊ダンジョンの数々にも楽しみを見出せるようになり、深層にも挑戦するようになりました。救助にも積極的に向かうようになりましたし、そういった繰り返しの中でDCの時には気づかなかったゲームバランスの良さも自然と実感するようになり、やがて裏白もクリアできるようになる頃にはアスカに対して最高傑作と断言できるほど評価も固まったのです。DCの時と比べてプレイ時間カンストにまで至るには、オンラインでいろいろな人達と交流があったのも大きかったですが、根本には月影村での経験があったからこそなのです。もちろんアスカ自体が1000回以上遊べる素晴らしい内容だというのは言うまでも無いことなのですけどね。


昔話はこれでおしまいです。
一文でまとめるならWin月影村のおかげで不思議のダンジョンの一層深い遊び方を学べたという事です。原点ではありませんが、ターニングポイントであることは間違いありません。しかし何でしょうかね、よりによってシリーズ恒例の肉ダンジョンや罠ダンジョンが存在しない月影村で特殊ダンジョンの面白さに目覚めるというのも妙な話ですな。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/635-b0723fab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad