NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

もはや伝説と呼ぶのも生ぬるい雷電

ゲームショップでSFCのコーナーを物色していたところヨッシーアイランドや旧約・女神転生が280円なのを発見、丁度2本とも持っていなかったのでとりあえず買っておきました。

そしてそれらを見つけて上機嫌のところで目に入ったのが「雷電伝説」というタイトルのソフト。雷電自体はPSのプロジェクトで十二分に間に合っているのですが、サンダースピリッツよろしく480円ならどんな移植になっているのか味わってみるのもいいかなと思って買ってみました。

で早速家に帰ってこの雷電伝説をプレイしてみたのですが…私が愚かでした。
480円どころか100円の価値も無いです、コレ。前述のサンダースピリッツ以下はおろか、SFCのSTGの中でもトップクラスの酷さなのではないかと思うくらいです。

酷い点は大量に見当たるのですが、その中から特にいくつかをピックアップ。

【グラフィック】
ゲームを始めた瞬間にこれはひどい移植だと思い知らされたのがグラフィックです。自機をはじめとしたキャラの動きが壊滅的にカクカクしてとても直視できたものではありません。元の雷電の1/3かそれ以下にすら感じました。パッと見の静止画は結構いけてるだけにギャップがすさまじいです。もちろんオブジェクトが増えると処理落ちしまくり、2面ボスなんかずっとスローでした。

【バランス調整されたのか疑わしい横画面アレンジ】
当時のハード性能を考えればこういった縦画面→横画面といったアレンジ自体は仕方の無いことだと理解しております。大切なのはそれを踏まえた上での適切なバランス調整であり、MDの東亜プラン作品をはじめとした良移植と呼ばれるものの多くはそれがなされているから良移植と評価されているのです。
ところがこの雷電伝説の場合は全編縦画面のをそのまま横画面に持ってきたかのような内容なのです。顕著なのが2面ボスで、ボスの下に入って弾を避けることなど常人にはまず不可能なほどの攻撃になってしまっています。おかげで横からバルカンやホーミングをチビチビ当てないと倒せません。スクロール時に突然真横からスナイプされる理不尽さもアップしております。

【ボス破壊後の操作不能時間】
雷電ではリザルトのために面クリア時自機が所定の位置に動くのですが、この雷電伝説ではボスを破壊した直後に自機が操作不能となり、勝手に動き出します。その時にボスの発射した敵弾が残っていると…突然動けなくなって流れ弾で死ぬのですから唖然としました。これで3回は死にましたよ。

【ボンバー】
どこで発射しても常に画面中央で爆発するボンバー。エフェクトもしょぼいです。

【画面最上部で切れる弾】
なぜか画面最上部1センチくらいのところでショットが切れます。端まで到達させろよ。

【あんまりにもあんまりな6面】
6面といいますと地上から宇宙へと戦いの舞台が変わるわけですが、この雷電伝説ではひたすら隕石を撃ち落とすだけの面になってしまっています。勲章でないのでリザルトボーナスの意義も大きく薄れています。そして最後はなぜか2面ボスが再登場とこの6面には失笑するしかありませんでした。


とまぁざっと目立っただけでもこれぐらいはありました。
おまけに難易度自体もボス時の操作不能死などを除けばユルユルで、初見ノーコンティニュークリアできてしました。といいますかホーミングが1つ取っただけで最強段階になるおかげで強すぎるのですが。詳しく書きませんでしたが、効果音や敵の爆発エフェクトも気が抜けるようなものばかりです。

最初から完全移植など微塵も期待していなかったのですが、さすがにここまで酷いとは予想だにしていませんでした。何というでしょうか、移植担当会社が雷電の評判を貶めるために作ったかのような印象すらこのゲームからは受けました。480円ですらこの腹の立ちようですから、当時初代雷電を期待して定価で買った方の事を考えると涙が出そうになります。

もしこれを読んで興味を持ったとしても一部の地雷マニアの方以外には買わないことを強く推しておきます。といいますかその金があればプロジェクトが買えるでしょうから、本当にこれから雷電をはじめようと思っている方はそっちを買ってください。そのほうが幸せなSTGライフを送れるでしょうから…。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/642-2e1ca5e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad