NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

港のトレイジア

MD「港のトレイジア」クリアしました。
感想は…うーん…どう繕っても基本的にはクソゲーとしか評価のしようが無いです。

何故か移動時にスクロールがもたつく、
敵の行動パターンが突っ込んでくるだけ(魔法使いであっても)、
魔法のほとんどが正面にしか飛ばない、
そもそも魔法を使わなくとも何一つ困らない、
分かりやすくするためのアイコンが死ぬほど分かり辛い、
家に入るときや階段を移動するときの音が気持ち悪いetc…

と悪いところは挙げようと思えばいくらでも出てくる程なのですが、それにも増して酷いのがテストプレイしてないだろと怒りたくなるようなバグの数々です。



中でも最悪だと思ったのがここです。
これは3章の町のある一角なのですが、画面下左右に2箇所くぼみがありますよね。
一見何も無いように見えますが、実はここにはカギのかかった透明な扉があり、その扉の正面でボタンを押して調べないと先に進めないのです。ちなみにこの町には他にも同じような扉がいくつもあり、それらは普通に見えているのでここの見えない扉は謎解きでも何でもないです。


とこのようにゲーム内容以前に商品として成り立っているのか疑わしいレベルのゲームですが、ただ唯一シナリオだけには見るべきところがありました。
いやまぁオープニングで父親達と一緒に旅立ったのに本編が始まったらいきなり一人とか、シナリオも結構破綻していると言えば破綻しているのですが、全編を通じて漂う「決して壮大ではないけど心に残る冒険」的な雰囲気がすごくいいんですよね。
…もうぶっちゃけていいですか、バネジーですよ、バネジー!つまらないゲーム内容も快適さとは無縁のインターフェイスもろくでもないバグの数々もバネジーの存在で全て帳消し…はさすがにムリですが、プレイを終えて救われたのは確かです。最終章まで回想にしか出てこないトレイジアなんかどうでもいいです。それよりもバネジーです。異論は認めん。

いきなり冒頭でクソゲーと評価してしまいましたが、いろいろ調整次第では「MDの隠れた名作」くらいには十分なり得るポテンシャルを秘めていたと思います。でも現実にはそうならずクソゲーになってしまった辺りやっぱり日本テレネットのゲームだなと思いましたとさ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/656-52bcf9e1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad