NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

タイトーメモリーズ上巻その2

クレオパトラフォーチュンに地味にハマリ中。なるほどこいつがごく一部に熱狂的ファンを持つパトラ子か・・・。オープニングのクレオパトラ(?)とは同一キャラなのか?

とりあえず最初から遊べる全てのゲームを一通りプレイ。
で、一部のゲームで微妙に入力が遅れていたり、BGMやSEがちょっとずれてたりする気がします。
何というんでしょうかね、ゲーセンでたまに置いてある100in1みたいな筐体、あれでプレイしているような感覚が全体的にあります。ひょっとしてエミュって奴でしょうかね。

別にそこに文句は言う気はないです。
変な移植になるよりかはよほどマシでしょうし。

問題は縦画面が用意されてない、横画面の壁紙が変更不可、初期設定でオートセーブになっていない、サウンドテストが無い(これ重要)、ロックの存在などそういう細かい部分である。あと連射装置はぜひつけておいて欲しかった。(特にダラ外は連射の有無で難易度が劇的に違うので)
そういうところがタイトーらしい気がするんですけど、もう少し気を使ってくれてもよかったのではないかと。
収録されているゲームの本数および性質上、他のゲームの合間に取り出して遊ぶ事も多そうなだけにねぇ・・・。

収録タイトルのチョイスについては下巻の時にまとめて書きたいと思います。

なお初回特典の「タイトーメモリーズブック上巻」には収録されているタイトルの当時のポスターの写真やゲームシステム、開発者の解説、当時のタイトーに関するおまけコラムなどが載っていました。
資料性が高いだけでなく読み物としても非常に面白いです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/68-41d4ff55
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad