NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

Xbox360のアピールポイントはLiveにある

360購入してから毎日のように楽しんでいるわけですが、全てに満足というわけでもなくやっぱり実際に遊んで初めて出てくる不満というものも当然あります。と言いましてもゲームの面白さは個々のタイトルの問題ですし、そもそも当初の目的が目的なのでソフトラインナップにも不満なんざちっともありません。それどころか全方向STGの楽園にさえ成りかねない状況にワクワクしている有様です。

そうではなくて、不満というのはマイクロソフトの360の宣伝内容です。

ここで360を持っていない方に質問。
360のアピールポイントって何だと思いますか?

・据え置き次世代機で最も安く買える事(アーケード)?
・HD画質のゲームができること?
・充実してきたRPGラインナップ?
・クオリティの高い洋ゲー?
・アイマス?
・ケツイ・大往生・デスマ・オトメ・ライデンなどアーケード2DSTGの移植?
・LAのカジュアルゲーム?

どれも間違いではないですね。実際私も下2つが目的で360購入に踏み切ったわけですし、TOV発売の週に販売台数が大きく伸びた(それでも2万くらいというのが悲しいですが)というデータもあります。

でも実際に遊ぶようになって気が付いたのですよ。
「Xbox Live」こそが360最大のアピールポイントなのではないかということに。

Xbox Liveというのはマイクロソフトが提供するオンラインコミュニティの事ですが、まぁ要は360におけるネットサービス全般の事です。正確には初代の頃からあったのですが、それについてはまた後述します。

ネットサービスといいますとまずオンライン対戦・協力のマッチングサービスが真っ先に挙がりますし、実際そのとおりです。私がよくプレイしているXBLAのタイトルもネットを通じて配信されているゲームでしてLiveのサービスの一つです。

しかしそれだけならPS3(PSN・ゲームアーカイブス)・Wii(ニンテンドーWi-Fiコネクション・バーチャルコンソール・Wiiware)ともに同じようなサービスが行われており、360だけのアピールポイントにはなりません。

よってXbox Liveが360最大のアピールポイントだという私の考えは単なる思い違いでした。おしまい。


違う違う!それが間違いなのですよ!
そこから1歩踏み込んだ展開がなされているのがXbox Liveなのです。

一例としてゲーマータグとフレンドがあります。
あるゲームで特定の方(友人やライバル)とオンラインマッチを行うためにコードを交換するというのは他のハードでもある機能です。Liveではタグ登録によるフレンドがその機能を持っている訳ですが、それに留まらないのがフレンドの機能なのです。
その一つがその人の実績やゲームの履歴を確認できるということです。
それはどういうことかといいますと、

「この人タイトルはいっぱい遊んでいるけど全然実績解除してないなー」
「この人ブログでSTGの事ばっかり書いてるけど、ホントに毎日STGしかプレイしてないのな」
「新しく配信されたCastle Crashersってのを現在皆プレイしているけどどんなゲームなんだろう」
「おっ、この人今ラストダンジョンに潜ってるのか」
「Geometry Warsのスコアじゃあいつには負けてるけど、斑鳩ならオレのほうが上だぜ!」

ゲーマータグをチェックしたりフレンド登録することでこういった楽しみが生まれるということです。若干後ろ向きな楽しみ方も含まれますが(苦笑)、設定で非公開にもできます。何というのでしょうかね、ゲームの枠を越えて相手が見えるとでも言いますか。まぁそういう機能がLiveにはあるのです。


そしてXbox Liveの機能は何も新しいゲームのためだけに用意されたものではないのです。
上のほうでXbox Liveのサービスの一つであると書いたLAですが、LAには新作のカジュアルゲームだけでなくパックマン・ゼビウス・ガントレットといった昔のアーケードゲームも並んでいます。そして重要なのはここからで、それらのゲームにもLiveの機能が適用されるということです。
具体的にどういう事かといいますと、ゼビウスやパックマンならスコアを世界中で競え、ガントレットならオンラインで協力プレイができ、真サムライスピリッツならオンラインで対戦ができるということです。道具があればボイスチャットしながらだって可能です。

昔のゲームの配信サービスはいろんなハードで行われていますが、このようにそこからもう一歩踏み込んだ新しい楽しみを提供しているのはXbox Liveだけです。いや、新しい楽しみという表現は適切ではないかもしれません。なぜならそれらは昔ゲーセンや各自の家庭でもあった楽しみでして、そう考えるとLiveが昔のゲームを甦らせるという表現のほうがしっくりくるかもしれません。

Live自体は初代からありましたが、コースが360で言うところのゴールドのみ、支払いがクレジットカードのみ、LAの利用には専用ディスクが必要など繋ぐにはまだ若干ハードルがあると言わざるを得ない状況でしたが、360になってそれも随分進歩しました。最低限必要なのはブロードバンド環境くらいです。

もちろん他人に自分のゲーム履歴を見られたくないとか、世界ランキングで自分のスコアが分かってガックリするとか、せっかく対戦しようと思っても外国人の相手しかいなくて言葉が全然通じねぇよチクショウ!などといった人によってはマイナスに働く可能性もあるかもしれません。

けれどもそれを上回る可能性があると私は思いますし、だからこそ「Xbox Live」こそが360の最大のアピールポイントだと考えているのです。




でもマイクロソフトが360の広報においてその事を宣伝しているようには全然見えないのですよねー。
ハイデフとか日本人受けするソフトラインナップとかそんなんばっかりです。いや、確かに初代Xboxで思い切り躓いた原因の一つが日本人受けするタイトルの不足であったことは間違いないのですが…。
そもそも私のようなこうして情報をそれなりに集めるような人間ですらマイクロソフトの宣伝がそういう風に見えるのですから、一般層にはいわんやという話です。

それに今からXbox Liveのアピールをしたところで日本での普及台数が2倍3倍になるかと尋ねられればまず無理でしょうし…。

イカンイカン、もともと「Xbox Liveはスゴイのにマイクロソフトはもっとその事を宣伝しやがれ」という事を書きたかっただけなのに、このまま行くと余計な敵を増やしかねない恨み節が炸裂しそうになるのでこれで止めにすることにします。

あーあ、360もっと売れないかなぁ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/691-99058cb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad