NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

ゲームサイド15号

雷電Ⅳは既に届いておりますがまだ説明書も読んでいません。あと送られてきた箱が布団でも入っているのかと思うくらい大きくて、たかだかソフト1本(+値段調整のためのうちわフレーム)にここまですること無いのにと思いました。


それはさておきゲームサイド15号が発売されたので買ってきました。内容はリンク先参照…では意味が無いので適当に気になった記事の感想でもいくつか。

・ロックマン特集その1。
リンク先ではロックマン9「完ぺきマップ攻略+全ボスロボ攻略」と書いてありますが、実際にマップまで載っているのはマグママンステージとスプラッシュウーマンステージの2つだけで残りのステージ&ボスはダイジェスト攻略です。紛らわしいですね。

・ロックマン特集その2
後半はシリーズごとの作品紹介です。あくまでシリーズごとなので1タイトルごとに突っ込んだ内容を期待するとちょいと肩透かしです。そんな中でなぜかMDのメガワールドだけ1ページ1タイトルという破格の扱いを受けているのが謎です。〝ビジュアルショック!スピードショック!サウンドショック!〟って無理にMDっぽく紹介しなくていいですから…。

・ロックマン特集その3
最後は「ロックマンメガミックス」の作者有賀ヒトシ先生のインタビューが4ページに渡って載っています。って私的には「トア」や「バトルバ」などエインシャント開発のゲームでキャラデザインをされていた方という印象が強いのですが(「メタルガンスリンガー」もそうですな)、漫画家さんだったのですね。王道少年漫画的なタッチの方だなと思っていたのですが納得。

・ゲームコレクター対談
私はあるゲームに対するその人の思い入れたっぷりな文が読みたいのであって、集める苦労とかそんなの別に聞きたくないです。それに前回の対談で集めたゲームを全然プレイしていないと言っていたのでなおさらです。集めたソフトで遊んでいる(+誌面にネタを提供している)ファミプロの人以外コレクターなんてこんな人達ばかりなのかと読んでいて嫌気が差しました。

・レトロポリタン美術館「源平討魔伝」
あれ、グラフィックプレジデント何してるのですか。

・原田さん追悼記事
記事といいますかスタッフ・関係者からのメッセージですね。ラマソフトの2人からもメッセージが載っているのが一番の驚きです。…後でスペースジラフの続きでもやりますか。


気になった記事はこれくらいでしょうか。
次号からゲームサイド買うのしばらく止めようかなと思っています。



Vol.2 「ゲーセンUSA ミッドウェイアーケードトレジャーズ」 「己のダンジョン」
Vol.4 「トリガーハート エグゼリカ」 新SEGA AGESインタビュー(MWコレクション等) 「雨格子の館」
Vol.5 「カラス」 「タイトーメモリーズ2下巻」 「奇々怪界2」
Vol.6 「ニュージーランドストーリーDS」 「THE IQ CUBE」 「FFT PSP版」
Vol.7 「THE 装甲機兵ガングラウンド」 「ブレイジングエンジェル」 「ONI零」 「四八(仮)」
Vol.8 「ドラキュラXクロニクル」 「アパシー」 「X箱LA版エグゼリカ」
Vol.10 「海腹P」 「お姉チャンバラWii版」 「スタソルR(Wiiウェア)」
Vol.11 「奈落の城」 「花と太陽と雨と DS版」 「海腹P」 「サクラ大戦ダンジョン」 「魂斗羅DS」
Vol.12 「シレン3」
Vol.13 「空の軌跡3rd」 「国盗り頭脳バトル信長の野望」 「Lの季節2」 「テイルズオブWii、360」
Vol.14「ロックマン9」「サンダーフォースⅥ」「ナイツ・イン・ザ・ナイトメア」
Vol.15「レッスルエンジェルズ2」「采配のゆくえ」「GTAⅣ」「萌え萌え2次大戦(略)」



ゲーサイに変わってから発売前ソフトの紹介や開発者インタビューが多くなってきました。上のは2chのスレにあったゲーサイの発売前に記事が掲載されたソフトのまとめに、前号と今号の分を足したものです。私は全機種持っているわけではないので、全てのタイトルをチェックできてはいないですが…どう思います、コレ。

私にとって決定的だったのは文句なしに「草を使わないなど、縛りプレイもできますよ」の迷言も飛び出したシレン3なのですが、それ以前から奇々怪界2や海腹川背ポータブルなど不信感を募らせるタイトルはいくつもありました。さらに前号のサンダーフォースⅥも現在進行形で被害拡大中とあっては、発売前ソフトを紹介するスタイルに疑問を持たざるを得ないのが心情です。

それでもまだ購読を続けていたのは原田さんの文章によるところが大きかったのですが、その原田さんが亡くなってしまった以上もういいかなと。ゲーサイの身内でサンダーフォースⅥに対して何か言ってくれそうなのも原田さんだけでしたし…。ゾルゲさんが載っている事に対する抵抗も少なからず芽生えましたし、さすがに卯月さん一人のために千円近く出すのはなぁ…。

という事でよほど私が興味を惹かれるような記事特集、あるいは共感できるライターの方が現れない限り今号でゲーサイ買うのはしばらく止めにします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/696-9e94ce79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad