NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

いつになったらわかり合える日が来るのだろうか

そういえばアーケードで稼動しはじめたのが2001年ですよ。
たぶんこのままそんな日は来ないだろうと半ば諦めているのですが。

そんな訳でXBLA版「斑鳩」の完全版を購入しました。



斑鳩についてはこのブログでも度々話題にしているのでもう詳しい説明はいいでしょう。
白と黒を基調とする一貫したデザインセンス、ハイスコアを狙うものには寸分乱れぬパターン構築を要求する芸術品とも呼べるほどの敵配置、片やクリアを目指すだけならボスを倒さない自由さえも兼ね備える懐の広さ、説教ぽさがもはや逆に一級品のネタともなっているポエムなどなど…。

こんな楽しすぎる斑鳩がわずか800ゲイズ、そして何より世界中の人達が気軽に斑鳩に触れられるというのですからXBLAバンザイです。

もし斑鳩をプレイしたことが無くてこれからプレイしてみようと思っている方にとりあえず私から一つアドバイス、いやお願いをするならば、「自分から壁を作らないで欲しい」ということです。

斑鳩の評判は確かに高いですが、よくレビュー(特に海外の)を読んでいると「求道的」「ライトユーザーには近寄ることもできない」といった風に評価しているものが多いです。そしてまたネット上にはとても人間がプレイしているとは思えないような超絶プレイの動画が出回っており、斑鳩のそういった印象を確実に後押ししています。

そのためプレイヤーによっては斑鳩をやるからには絶対にスコアを稼がなければならないという強迫観念に囚われるかもしれませんが、そんな事は無いのです。
スコアなんか全然稼げなくてもいいのですし、シルバーガンみたいに稼がなければならない理由もほとんどありません。イージー選んでもストーリーが変わる訳でもないので何の問題も無いのです。それにアーケード版はプレイヤーが難易度を選択可能だったわけで、他のゲームみたいにノーマルがデフォルトでも無いのです。そもそも普通にノーコンティニュークリアするだけでもそれなりの難しさと達成感があるのですから全てはその後からでも遅くないのです。

自分から壁を作らないで欲しいというのはそういう意味です。
斑鳩は皆が思っているよりずっとずっと優しいゲームです。



このXBLAの斑鳩ですが、ごく一部のトップクラスの方からするとオリジナルのパターンと全然違うという事ですが、とりあえず私レベルでは解像度が上がって横画面でも見やすいとかそういった見た目の違いくらいしか分かりません。

さて、あらためて斑鳩を触れるにあたって今までのようにプレイしていても別に構わないのですが、せっかく360でプレイしているのですから実績も兼ねてスコア稼ぎにも精を出してみることにしました。
トレジャーのことですからノーコン初期設定でハードクリアとかの実績があるかと思っていたのですが、フタを開けてみればそんなキツイ内容どころか1コインクリアをのぞいて設定変更・チャプター選択・協力プレイもOKというのに驚きました。コンティニュー連打でエンディング見るだけでも65も解除されるのですよ。

ただそれでも今までスコア無視のクリア優先プレイをしてきたわけですから、単体でも各チャプターのAランク獲得はかなりキツイです。チャプター1は今までの経験もあってあっさり獲得できたのですが、チャプター2以降はやっぱり地獄です。タイムボーナスのためにも逃していたボスだって倒さなければいけませんし。

黒黒黒白白白…ここで属性切り替えて避けて…開放マックスでチェーン繋げて…ああ!チェーン切れたー!死んだー!ああああああああああーーーー!!!!

ああ、この脳みそを酷使しすぎてショートするような感覚もまた斑鳩の醍醐味です。

それでも何とか脳と指先を駆使し、昨日1日で100回以上はチャプター3をやり直した末にランクAを獲得できました。寝る前にプレイするつもりが気が付いたら朝になっていましたよ、ホントに。

残るはチャプター4と5の2つです。
5は半分以上ボス戦が中心なので3よりも難しくないとしまして…やっぱり最大の難関は4ですよねぇ。特に前半のメリーゴーランド地帯が地獄絵図です。ここさえ何とかできれば他は何とかパターンもできてきたのですが…。

ああ、斑鳩はやっぱり楽しいなぁ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/704-3194893a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad