NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PSYREN第61話感想

巻末コメントでフープメンの作者が村田先生の弟子だと知って納得。崩し顔が若干気になりますが確かに構図とか師匠譲りだと思います。

一方師匠本人よりもサンデー漫画(西森先生とか福地先生あたり特に)に雰囲気がすごく似ている弟子をお持ちのI代先生による、そんなサイレン第61話の感想です。
懸念していた通り先週に引き続いて今週も微妙です。といいますか未来編で落ちるのが恒例になりつつあります。何せ今週はドルキさんとシャイナにパーティーを分断させられただけでまだ戦闘は始まっておらず、話がほとんど進んでおりません。しかも大ゴマ連発ときては…。

今週ストーリー的な進展はさておきまして、ドルキさんの小物(orネタキャラ)っぷりが一時期のヒリューなみに進行していたのが笑えました。

「キサマは俺の地位とプライドをズタズタに引き裂いた」
プライドはわかりますが、地位を気にする辺りがいかにも。「第五星将」と「地域警備」から降格させられたのでしょうか。同期のジュナスとエライ差です。

「どちらが上か今度こそハッキリと証明してやる!」
まるで互角の実力で決着が付かなかったみたいに言ってますが、前回アゲハに完敗&シャイナに助けられた事実が発売されたばかりの最新刊にしっかり載っています。

「この一帯は俺の兵士どもに包囲されている」
部下の目の前で醜態を晒す負けフラグですね。

「ククク、さあ撃ってみろよ…あの黒い流星を…!」
あからさまに対策してきてるような素振りのくせに何でしょうかこの挑発は。

・グラナ「あーシャイナの奴さっさと黒いバースト使いを連れて来ねえかなあ」
ドルキさんがアゲハをぶっ殺せるとは全く考えていないようです。


しかしこれだけメルゼズ対策をしてきてるように見えるにもかかわらずドルキさんが勝つ姿がまるで予想できないのはどうしてでしょうか。主人公補正だけの問題ではないですよねぇ。あとカブトの助太刀フラグもわかりやすすぎです。

むしろアゲハ(+カブト)VSドルキさんよりも残りの3人VSシャイナの方が気になると言えば気になります。シャイナの実力は未だ定かではありませんが、第三星将であることや能力の片鱗から伺うに今の3人ではまるで歯が立たないような気がします。強いて言えば朧が何かしてくれそうな気はありますが…ヒリューはもちろん論外です。ただ、本来の目的はアゲハを連れて行くことなので、ドルキさんが負けるまで暇つぶしに遊んであげましょう(&ワイズの力を見せてあげましょう)くらいにしか思ってそうです。

できれば来週1話で決着をつけてもらってストーリーを進めてもらいたいものですが…。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/764-12e9d7c9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad