NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

THE 裁判員プレイ中

先ほど1話が終わったのでとりあえずさわりの印象でも。
さすがに3時間もかかるとはちょっと疲れました。
全5話なんでこのペースだと最後まで約15時間程度になるでしょうかね。

まず最初に思ったのが、これアドベンチャーというよりほとんどノベルゲーです。

法廷で得られた情報を元に他の裁判官・員を説得し正しい判決へと導くのがこのゲームの目的です。
そのためにプレイヤーはどんな情報を取捨し、説得の際に使うかがポイントとなっているのですが、その際思い切りヒントが出るので悩む必要がほとんどありません。といいますかプレイヤーができることがそれしかないのでゲーム性はほぼ皆無です。

シナリオとキャラについてはこれはもう期待通りで面白い…のですが、文章中における専門用語のTipsがあまりにも多すぎてテンポを崩してしまっているのが残念です。ただこれは1話目ということで裁判の流れや裁判員制度の解説も兼ねているからで、今後は用語解説を見る回数も減るでしょう。シナリオのリアル傾向が強かったのも導入部ということで同様のことが言えると思います。
Tipsの解説文が単なる解説文だけでなく、(たぶん)遠藤さんの意見がさらりと交じっていたりするのがなかなか興味深いです。お酒の解説なんか絶対遠藤さんの私見やんけ!

とりあえず1話終了時点での印象はそんなところでしょうか。
なんか「シナリオやキャラには独特の味があるけど、ゲーム的にはイマイチ」といういつもの遠藤さん作品の黄金パターンというのが一番しっくりきますな。

クリア後に改めて感想を書くつもりなので、今日はここまでにしておきます。

あ!被告人の経歴で「富山県金沢市」とあったのですが、金沢市出身としてこんなイージーミスをされてちょっと悲しくなったことを追記しておきましょう。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/811-105d57f1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad