NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

近所に新しく家電量販店がオープンしていたのでパソコン周辺機器とかオーディオ関連を冷やかし半分で適当に物色していたところ、店員から「なにかおさがしですか?」と声をかけられました。
「いや、とりあえずどんなのが置いてあるのか見ているだけなんで今日のところは特に無いですねー」と丁重にお断りしつつ物色を続けていると、その3分後に今度はまた別の店員から同じ事を尋ねられ、そこから15分程度の間に5人の店員から声をかけられました。

開店セールなのに店員が余っていて手持ち無沙汰なのは分かりますが、もうちょっとゆっくり眺めさせてください。そんなに何度も「なにかおさがしですか?」ってあなたたちはCAVEオンライン祭りの参加者ですかと言いたくなりましたよまったく。



DSを入手したのは紛れも無くTHE裁判員のためでしたが、目的の裁判員もクリアしたことですし、今後はDSのソフトにも手を出してみるつもりです。

という事で今まで見向きもしていなかったゲームショップのDSコーナーにも足を運んでみたのですが、まぁ何といいますか…良くも悪くも売れまくっているハードのソフトラインナップだなと真っ先に思いました。初代プレステから年齢層を若干引き下げて脳トレ系を加えたという印象です。

しかしそういうメジャーな市場にこそマイナーな良作が埋まっている…と思いつつワゴンから「ぐるぐる投げっと」と「グンペイりばーす」を買ってきました。シレンDSが1500円でありましたが別にやる気も起きなかったのでスルー。お姫さまデビューなんか特典付いててもいりませんよ。

とりあえず今更ドラクエやらポケモンをやりたいとは特に思わない&脳トレ系には興味も無いのでアクションやパズルを中心に今後はチェックしていくつもりです。STGはケツイDSと弾爵とインベーダーエクストリームくらいでしょうかね。



いつの間にか虫ふたブログになっているデスマブログ

ちょっと取り上げるの遅いですが。
相変わらずの誠実な対応はもちろんですが、虫ふたの移植にM2が関わるという事に驚きました。
あのM2とプロデューサー浅田さんの組み合わせとはまさに鬼に金棒、おうごんマムルにまもり回路×3、バーツにデビルアクス、斑鳩にロコ、ヒリューにタツオとこれほど心強いタッグもめったにありません。

そういえばオトメGにもM2が関わっている事を考えると今後のアップデートはちと厳しいでしょうが、その分虫ふたにはおおいに期待させていただきます。



吉崎先生もオペ子もカンストに驚き

ああ、あのプレイヤーの方ですね。
といってもプレイスタイルが違うからかほとんど一緒になったことはないのですが。


半年経っても相変わらず続けているオトメGのゴージャスcoopですが、ここにきて1つの壁にぶち当たっています。

coopということで皆の力を合わせての攻略が理想かつ楽しいとはいえ、ホスト時のことを考えると最悪1人になっても乗り切れるパターンが必須です。
その際ほとんどのところは何とか対処法は備えているのですが、唯一高次周の南極だけは未だに対策が見つかりません。

1:南極入り口
2:エレベーター
3:黒ブロック&4連ハッチ
4:氷&ハンマーペンタ地帯
5:上昇地帯

面構成はこのようになっており持ちキャラは当然エモンで、候補の武器はサーチレーザーorダガーです。

まずサーチですとクリスタルでのレーザー屈折のおかげもあって1・2・5はかなり安定します。
ですが3でハッチザコの数に押されてしまうのはほぼ確実で(黒ブロックが邪魔してサーチが届かない)、仮にそこを乗り切ったとしても固定オプの性質上4で確実な死が約束されます。

一方ダガーですと貫通特性のおかげで3&4をほぼ無傷で乗り切ることができ、オプ拡散&Fトーピドーレベル2を使えば5もまったく手が出ないというわけではないです。しかし氷で屈折しないためそもそも1&2をミスせず乗り越えるのが非常に困難です。

5に関しては次の空中戦があるのでミスも許容範囲ですが、それ以前にどちらの装備でも一度ミスるとほぼ終了というのが一番しんどいです。ウェーブ使えば5までかなり楽になりますが、それをしては意味が無いのでね…。

例のトロンの方がサーチレーザー使っているので基本ダガーなのですが、2人とも準備万端でこの局面を迎えられるかというのも問題なんですよねぇ…メタ子終わりから満足に装備を整えられないまま5面突入というのもザラです。

とここまで書いていてシャドウレーザーが案外いけるのかもしれないと気が付きました。
貫通属性なので3&4は問題ありませんし、屈折こそしないものの残像で1&2のザコくらいは処理できそうです。5は諦めますし。

一つ問題があるとすればシャドウレーザーがcoopで避けられる武器ナンバー1という点ですね。
理由は弾避けに支障をきたすほど視界が悪くなるからで、別名味方殺しとも呼ばれているとか。
ただ、ここまでの悩みはあくまでホスト一人で南極を乗り切らねばならなくなったときのことなので、味方の視界を遮る問題についてはスルーしていいかもしれません。
誰か他にこの局面を打開できる装備を持った味方がいるのならその人に頼ればいいですし、仮に味方がいる状態でシャドウを使わざるを得なくなったとしてもこの5面だけです。どうせ私のエモンはノーマルショット&Fトーピドーが標準装備です。

もしかしたら悪評もらうことになるかもしれませんが、まぁ3周目以降に入るような人ならシャドウの残像1面くらいは我慢してくれると期待してこの後試してみることにします。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/814-e78c05be
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad