NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

侵略される日々は続く

最近は360以外だともっぱらスペースインベーダーエクストリームの1&2しかプレイしていません。
それでまたDSですから布団の中でプレイするのに丁度良くて、イヤホンつけて5-Dへいくとワワワワーニン!!!ってな具合に脳が洗脳されつつあります。

おまけに360の方でもLAのインベーダーエクストリームをダウンロードしてしまったのですから我ながら呆れるくらいインベーダーに侵略されてしまっています。


エクストリーム2についてですが、基本的には1のシステムを踏襲しつつ、新たに投入されたビンゴシステムが最大の特徴となっております。

色違いのインベーダーを続けて倒すとラウンドと呼ばれるミニゲームが発生し、ラウンドをクリアすると一定時間フィーバータイムになるというのが1でのシステムでしたが、ここに更にもう一ひねり加えたのが今作のビンゴシステムです。



ステージ中は上画面にこんな具合のマス目が表示されておりまして、例えば赤→青で発生したラウンドをクリアするとフィーバータイムと同時に対応したマス目が光るという仕組みです。ちなみに今回のラウンドは上画面にて通常のゲーム進行と同時に行われます。

そしてラインが揃うと通常のフィーバーよりもさらにスコアの稼げるビンゴタイムに突入するという寸法です。ビンゴタイム中に現れるインベーダーやUFOを倒すともうバカみたいに得点アイテムが上からジャラジャラ降ってきます。画面はチカチカするわ、インベーダーもアイテムも金色だわ、BGMはノリノリだわの中をまるでお金をかき集めるかのごとくプレイするのが、とても人間の欲望に忠実な感じでベリーグッドです。
1ラインビンゴでも結構なジャラジャラぶりですが、これが2ラインともなるともう大変な狂いっぷりにスコアも大幅上昇ともう大変です。さらにはフルハウス(3ライン)なんてなった時には…といいたいところなのですが、フルハウスのときは護衛のガードインベーダーが邪魔で正直2ラインの時よりも気持ちよさが減少しているのが残念です。

開発者いわくメダルゲームやビンゴゲームの血を取り入れたとの事ですが、なるほど確かにスロットで大当たりしてメダルがジャラジャラでてくるのと似たような感覚があります。BGMとかグラフィックも合わせるとよりカジノちっくですな。

ただ道中のシステムがさらに進化した反面、ボスが前作の使いまわしっぽかったり単純にプレイしていてつまらなかったりするのはやはり残念です。

ミスしてもショットレベルが下がらなくなっているのとアイテムのシールドが強くなっているのは地味ながら個人的に好感触です。

とこのようにインベーダーエクストリーム2は

金(ビンゴ中の降ってくるアイテム)
破壊(パワーアップでインベーダーをなぎ払う)
萌え(言わずもがな)

をパワーアップさせるという、娯楽としてはある意味とても正直な続編になっております。

萌え入れてこれで売れてればまだ納得は出来ずとも理解は出来るんですが、売れてないというのがSTGの現実をシビアに現していて悲惨です。

今はエクストラの方に挑戦しているのですが、前作よりも易しくなった本編に比べて一気に難しくなって苦戦中です。



一方XBLAの1ですが、こちらは内容的にDS版ではなくPSP版の移植のようです。

主にラウンドやボス戦など2画面で展開していたものが1画面に変更されたくらいで、ゲーム内容そのものにはDS版とほとんど違いは無いです。
実際DS版も道中では上画面にスコアなどの情報を表示していたので移動範囲などプレイ感覚もそれほど違わなかったりします。

それよりもDS版とXBLA(PSP)版の大きな違いといえばサウンド関連です。

DS版だとZUNTATAの小塩氏(悪いですが初めて聞きました)による作曲がメインで、プレイ内容に合わせて変化するインタラクティブサウンドが特徴でしたが、XBLA(PSP)版では有名クラブミュージシャン達が提供した曲が流れます。

DSとXBLA(PSP)の両方でゲーム部分が大差ない以上、どちらを選ぶかはほぼ音楽による好みの問題といってよいでしょう。

でそれを承知で敢えて書きますと、個人的にはDS版の方が圧倒的に上です。
クラブミュージックだか何だか知りませんが、XBLAのノッタリしたサウンドをバックにプレイしていてもテンションが全然上がりません。同じ道中なのにこうまで変わるのかと不思議なくらいです。

もう少し具体的に書きますと、DS版は1面なら宇宙、3面なら海や森などの自然といった風にサウンドを聴いているとステージごとのテーマと効果音との一体感を感じ取れるのです。
ところがXBLA版の方はあくまでクラブミュージックをバックにインベーダーをプレイしているだけという印象で、曲からテーマや一体感が全然感じられないのです。「クラブミュージック」というテーマは一貫しているとは思いますが…。あと一応ステージ5ではDS版のステージ1と同じ曲が流れますが、やっぱり微妙に一体感が無い印象です。

これはサウンドだけでなくバックに流れているムービーにも同じことが言えまして、XBLA版ではラマソフトのジェフ・ミンター氏(宇宙キリンの人です)が手がけているのですが、ただウニャウニャして凄いだけ(そう、映像的には凄いと思います)でゲームとの統一感は今ひとつです。

こうやって違いを比べてみるのも一興ですが、もしどちらか一つをオススメするかと尋ねられれば私は迷わずDS版をオススメします。STGにおいてサウンドとは時にゲームそのものよりも重要な要素であるのですから。



そんなこんなでDSだけでなく360まで侵略されてしまったわけですが、このインベーダーによる侵略の日々はしばらく続きそうです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/826-46495b32
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad