NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

メタルブラックガンフロンティア・スリンガーディアンヒーローズ

メタルガン搭載のブラックフライに乗ったアンデッドヒーローが宇宙侵略軍ワイルドリザードに立ち向かい、最後は神との一騎撃ちの果てにガンアーツ「レーザ干渉」で惑星真っ二つというゲームですな。<めちゃくちゃだ

まぁそんな妄想合成タイトルはどうでもいいとして、「メタルガン・スリンガー」をクリアしたので感想をば書きましょうか。

主人公の豊富なアクションと古きよき時代の2Dアクションを感じさせる覚え要素の強いボス戦。はじめは勝てなくとも、何度も挑戦することによって、自力で攻略の糸口を掴めるようなバランスになっております。はじめは苦戦した相手にだっていつかはノーダメージで勝つ事も不可能ではないです。

そういう意味ではアクションシューティングとして総合的にはなかなか面白い作品だったと思います。

ただねぇ・・・このゲーム、ポテンシャルはかなり高いものを持っていると思うのですけど、それをアピールするのがどうにもヘタという気がします。
特にアクション部分とストーリー部分で。


アクション部分、実はこのゲームにはガンアーツ以外にも「上×2+ジャンプ→ハイジャンプ」のような「コマンド技」があります。さらに中にはガンアーツの代替コマンドがあって、例えば「R+前→ショット」というガンアーツも「下×2→前+ショット」というコマンド技で発動させられます。前者の場合ですとGF(エネルギーみたいなもの)を消費しますが、後者だと消費しません。

もちろんそれ以外にもたくさんあってそういうのを駆使できるようになればなるほど攻略が楽になり、またゲームも楽しくなってくるのですが、冒頭のチュートリアルで一通りの操作を教えてくれるだけでそれ以降がおざなりすぎ。
道中は基本操作だけ、下手すればボス戦だって基本動作だけで何とか出来てしまうのがもったいない。

せっかく豊富なアクションがあるにもかかわらず、それが自然とプレイヤーに身につくような構成とは言い難いです。
「上手くなりたきゃテメーで考えろ」みたいな。やる気がある人を引っ張ってはくれますが、そうでない人は置いてきぼり。
もうちょいこう、ゲーム側からのアプローチも欲しかったところ。その辺が古臭いといえば古臭いのですが。


ストーリー部分について。
キャラクターデザイン自体はガキっぽくもオタ臭くも無い、
割と王道少年漫画系っぽくて私は好きです。
んですけども、ゲーム内でキャラクターがあまり掘り下げられていない・・・というよりはストーリーが短か過ぎて掘り下げられなかったという気がします。
なぜ主人公にメタルガンが渡されたのか、主人公を助けてくれた敵のボスは誰なのか(何となく想像はつきますが)、いきなり判明する主人公の兄?(伏線張っとけよ)などなど・・・。


言いたい事はこんなところでしょうか。
タイムアタックやノーダメージでボス撃破といった目標を持ってプレイするとさらに面白く感じられるでしょう。

ちなみにエンディングでも歌は流れました。
歌っているのは声優さんたちらしいです。その作品に声をあてている人がテーマソングを歌うというはあるのですが、基本的にこのゲーム声ないんだよなぁ・・・という事はこれだけのために収録したのかな。よい心意気である。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/83-d02041dc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad