NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PSYREN第75話感想

来週またべるぜセンターって金未来プッシュも大概に…と思いつつも、何か微妙に面白くなってきているような気がしないでもないです。サンデー臭丸出しの不良バトルよりも葵が出てきてからの似非ラブコメチックな今の展開の方が、(良くも悪くも)あまり考えずに読める作風に合っているのかもしれませんな。ベル坊が完全に放置されているのは触れない方向で…。

師匠の漫画のファンとしてはこのプッシュっぷりを10分の1でもいいから分けてもらいたいと切に願いつつの、そんなサイレン第75話の感想です。
脳獣のかませ連中を気持ちのいいくらいに一蹴、両者とも目指すは夢喰島というのが先週のあらすじです。

冒頭緑が育っていることを指摘するアゲハ達。
先週の時点で背景に木々が点在していたので珍しいなと思っていたのですがここ触れますか。いや、ホントに気づいてましたって!ただ先週はネオ天草(笑)へのツッコミetcがインパクトあったので書かなかっただけで…。

そしてようやくたどり着いた夢喰島はおそらくネメシスの本体によって自然が保たれた空間になっていますが、前述の夢喰島周辺の木々や太陽の光もこのQ本体の能力の影響によるものでしょうか。
中にはダメQことよくわからんちっこいネメシスQが猫に餌やったりしていますが、こうしてダメQが活動しているということはやっぱり本体は自由に動けない状態にありそうです。

一方ネオ天草四郎時貞様(笑)は部下の中でも精鋭と見て間違いない大河(先週の「太河」は誤植か)と億号の2人を呼びつけます。この億号と大河、なんとなく名前とキャラの印象が反対の気がするのですがどうでしょうか。さすがに友親たちほどかませ臭はしませんが、星将たちよりも強そうな感じもしません。

少し気にかかるのはこの2人がワイズではなくネメシスを追う天草様に対して疑問を抱いている描写です。展開如何によっては共闘もありうるか…?

ネメシスの本体がいるっぽい建物を発見したのと同時に、億号の作り出したライオンっぽい「オルガゥス」に乗った天草一味が現れいざ決戦!ってなところで次回へ続きます。

カイルがマテリアルハイでパーティを守りつつ巨大なオルガゥスと対峙している最後の見開きページはRPGのボス戦っぽくてなかなかいい構図だと思いますが、もう少しお互いの能力が激突している勢いを出してほしかったです。

バトルのポイントはやはり大河と億号の能力含めてどれほどの敵かという部分でしょう。チルドレンが強すぎるとはいえ、あっさり倒されてしまっては盛り上がらないのも事実です。
ドルキさん・脳獣戦の圧倒振りからもわかるようにカイルのマテリアル・ハイが現状攻防にわたってかなり強力なので、ここらで穴が見つかったりする(→そしてピンチにアゲハの新型メルゼズと)のがいい落しどころかなと個人的には思います。

ところで億号のPSIは召還獣ちっくな能力なのですが、これは某ドラゴンさんも最終的には龍の化身を具現化させて戦うという事への伏線なのでしょーか。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/831-bcc69643
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad