NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

呪われていた方が、楽しいことは多いぞ

先週からプレイ開始したまもるクンですが、段々進め方がわかってきました。といいますか既にキンヤでの1クレジット実績が解除できたくらいで、この分だと他のキャラのもすぐに解除できそうです

そのコツというか進め方の指針をいくつか書きますと、

・ステージは4つクリアすれば真の最終面にいける
・別に敵は全て倒さなくてもいい
・敵が多いところはちょっとずつスクロールさせて敵を減らすと楽
・呪い弾の空撃ちでチャージ時の弾消しを発動しやすくする
・敵を呪う際はなるべく低いレベルで
・各ステージでライフは2つ取れる
・ラスボス最終形態は一番前に張り付いていればザコには当たらない。同時に弱呪い弾を連発すれば敵弾もほぼ消せる

だいたいこういったところでして、この辺を踏まえてプレイしますと一気に簡単になりました。
もちろんスコアを稼ぐのならミッションやらをこなす必要もあるでしょうが、少なくとも1クレジットクリアを目指すだけならばかなり簡単なのは間違いないです。デスマやオトメGともいい勝負です。
こうしてみるとアーケード含めて全体的なSTGの難易度は下がっているように思うのですが…結局難易度が低くとも売れないんだよなぁ。

一方ストーリーモードはといいますと、こちらはどうやら各ステージごとの条件を満たしてクリアするのがエンディングへの近道のようです。具体的にはボスを倒すキャラと道中の特別な条件(ある敵を倒すとか)がそうでして、条件をクリアすると1枚絵とデモが追加されるのでよくわかります。

キャラはステージ開始時やボス戦でのセリフですぐに分かるのですが、道中の条件のほうがちょっぴり分かりづらいですかね。ボスはふるるで倒さないといけないのにふるるだと道中がつらいとか…でも交代するにはミスるしかない…要は自由にキャラチェンジができないのが原因ですな。

でストーリーも進めていくうちに段々各キャラも気に入ってきました。といいますかボイスや幕間のデモといいこのストーリーモードは家庭用移植に際してキャラゲー的にもかなり頑張っていると評価していいと思います。

まずはストーリーモードという制限時間やパワーダウンを無くしたうえでステージ構成とシステムを理解してもらいつつ、同時にストーリーでプレイヤーにモチベーションを持たせる。そしてストーリーモードクリア後は本来のアーケードにステップアップしてもらうというのがこの360版まもるクンの一連の構成ではないでしょうか。
書いてて思い出したのはサターン版のシルバーガンです。あっちもアーケード版での制限を緩くした(武器レベルの引継ぎ)サターンモードでストーリーを理解したあとでアーケードモードをプレイするとすんなり入れましたから。

音楽も非常に良いです。全体的に甲乙つけがたいですが、やはりプロローグと冥界入り口とボス戦は大のお気に入りです。ソフトと同時にサントラ買っておいて大正解です。

どうでもいいですが、CEROがBでよりによってセクシャルマークが付いているのは何故なのでしょうか。オトメがセクシャルなのは説明不要ですがまもるクンのどの辺に一体セクシャル要素が…アレか、体操着の上にビキニというふるるの格好がそれですか。あるいは主人公まもるクン自体がその筋の方々にムニャムニャ…。

ということで「まもるクンは呪われてしまった!」結構マジでオススメなので興味のある人は買っておいて損は無いと思いますぜ。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/837-1185aac8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad