NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PSYREN第77話感想

もともと超人スポーツとして読んではいたもののさすがにオールコートで3Pは…藤巻先生、取り返しの付かないことになるのは床屋だけにして下さいよ。

一方ネオ天草というネーミングで取り返しの付かないことにならずにホッとしている、そんなサイレン第77話の感想です。
うーん、今週下から2番目とはちょっとヤバイ(画像略)、と思いきや来週Cカラーだったりと落差が激しいです。ジャンプ全体に言えるのですが、ワンピースなどの看板以外の掲載順が何だか安定していない印象があります。

それはともかく今週は対太河・億号とのバトルの続きです。

フーちゃん&カイルVS億号、動きの素早いオルガゥスにサラマンドラの攻撃が当たらずフーちゃん苦戦しております。フーちゃんは火力は大きいものの威力の調節は出来ていないわ、サイズがデカイものだから的になりやすいわ、おまけにあのカイルに頭を使えと説教される始末でまったく成長しておりません。敵にも軽く舐められたフーちゃん、アゲハが残っていることに足手まとい扱いと微妙に八つ当たりのご様子。

一方のアゲハは太河の光輪に対し、ついに新型のメルゼズをお披露目します。
自分の半径5メートル以内のPSIを自動感知して防御するというプログラムを組み込まれた新型ですが、見た目が気円斬っぽいです。前々から接近戦用のメルゼズを編み出すとは予想されてきましたが、今回の形状は飛ばさない分下手な武器より見栄えは悪くは無いでしょうかな?

それにしてもプログラムする上で「仲間のPSIを巻き込まないように」とメルゼズの特性を考慮して組み込むあたりにアゲハの性格が良く出ていると思います。危ういところはありますけど基本的に仲間想いなんですよね。半径5メートルって結構広い気もしますが。
それと防御用となっていますがこれで相手に接近したらそのまま削れそうな気もするのが恐ろしいところです。ホントに主人公らしからぬ一撃必殺な能力です。

ところでアゲハが億号に対して「てめえの攻撃は見えてるぜ」とか言っていますが、これメルゼズが自動的にPSIに反応してかき消しているのであって、別に太河の光輪を見切っているわけではないんですよね。多分性能知らない相手に対するハッタリだと思うのですが。

アゲハが主人公の面目躍如の活躍を見せた一方、カイルも億号相手になにやら策を仕掛け終わったところで次週へと続きます。ホントに成長しましたなカイル。それに比べて今週ずっと億号に翻弄のフーちゃんときたらいいかませっぷりでした。

冒頭にも書きましたが来週はCカラーです。太河・億号との決着を付けつつ、残りのページである程度Q本体との接触も図ってもらうくらいが理想のテンポでしょうか。カラー扉にどのキャラが来るのかも楽しみにしつつ待つことにしましょう。本命だとアゲハ&大人チルドレンでしょうかねー。

コメント

今回初めてカイルが考えて戦闘している描写があって
ちゃんとエルモアの教えを守ってるのがわかって良かったです
弥勒に負けたのがきっかけで強くなる事に貪欲になったとかか?

  • 2009/07/08(水) 03:12:38 |
  • URL |
  • フィロソーマ #-
  • [ 編集]

それも勿論あるでしょうが、アゲハ達の帰らぬまま転生の日を経て現在に至るという過程が大きいのではないかと。

大人カイルを見ていると少年漫画の主人公らしい主人公に成長したなーと思います(笑)

  • 2009/07/09(木) 23:15:48 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/839-1c190c95
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad