NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

来年はファンタジーゾーンⅢ

今更ながら「ファンタジーゾーン コンプリートコレクション」に収録されているSYSTEM16版ファンタジーゾーンⅡが安定してワンクレジット1周できるようになったのでそろそろ取り上げようかと思います。




SYSTEM16版FZⅡのことを書く前にFZCCについて軽く解説…しようと思いましたが、収録タイトルなどは公式見ていただければ載っていますし、そもそも私自身FZは初代をサターン版やWin版でかじった程度であり他機種の移植版や派生作品には特に思い入れも無ければ移植度も別段気にしていないのでやめておきます。それに正直オリジナルがあるのに今更マークⅢやファミコンのをやりたいとも思いませんし。
まぁ移植を行っているのがあのM2ですから移植に関しては心配ご無用でしょう。と思いきや初代のラストでオパオパのパパの涙が再現されていません。それくらいでM2の功績やこのFZCCの価値が下がるとは微塵も思いませんが、演出上重要なこれを見逃すとはM2にとっては痛恨のミスでしょう。

で本題でもあります「当時の最先端基板であるSYSTEM16でファンタジーゾーンⅡが作られたら」というコンセプトの元制作されたSYSTEM16版FZⅡですが、前述したように私はマークⅢのFZⅡのことはほとんど知りません。ですので私は今作をマークⅢのリメイクではなく、初代FZの続編である新作横スクロールSTGとしてプレイさせてもらいました。



さてそのFZⅡですが、これがもう続編として見事に仕上がっているゲーム内容で実に素晴らしいです。
特筆すべきはステージがブライトサイドとダークサイドの2面に分かれている点でしょう。ワープで行き来できるのですが、ダークの方がブライトよりもお金が多いものの敵の攻撃が激しく、なによりボスの難易度がアップしているのが特徴です。
そして今作はエンディングが3つあるのですが、グッドもしくはノーマルで2周目以降を迎えるためにはダークの方でボスを多く倒すことが条件になっております。最初バッドエンドでオパオパが邪悪な感じになって後味悪かったです。ただ、終盤のボスラッシュでは道中倒さなかった方のボスが出てくるのでその意味やお金を稼ぐためにも基本ダークサイドを進むほうが得策かと思われます。

そのほか初代からの変更点ですが、ショット系の武器を装備していると1度だけバリアの代わりになってくれたり(ラストでかなり重要なテク)、ボム系の武器が複数装備かつ何度も使用可能になっているあたりがあげられるでしょうか。ボム系は周りの敵弾をかき消すスマートボムか高い攻撃力のファイアーボムのどちらかをプレイスタイルによって使い分けるとかなり楽になるでしょう。ちなみに私はファイアー派です。

難易度ですが、前述のボム無制限や手に入るお金の量から1周クリアに関しては初代と同じか、それより少し低いくらいだと思われます。ただし1面、2面のダークサイドボスとラスボス前座4匹目(前作のラストで突っ込んでくるあいつとほぼ同じ)あたりが慣れるまでかなり苦戦すると思います。といいますか2面のダークサイドダルマだけ確実に難易度突き抜けてます。これが本当に当時のアーケードで稼動していたらダライアスのピラニアやグラⅡのカバードコア並には語り継がれているレベルですよ。

グラフィックについては文句なしなのですが、並木さんが担当された曲については少々ケチをつけさせてもらいます。前作を踏襲している曲はにやりとはするものの逆に言えばあまり新鮮味が無く、また新規の曲については確かにいい曲が多いと思うものの、ファンタジーゾーンの曲かと尋ねられれば…という感じになってしまいます。ダークサイドのボス戦とか聴いていてかなりテンションの上がるSTGのボスらしい曲なのですが、私のイメージするファンタジーゾーンとはやはり異なるのです。並木さんなら実績・実力共に申し分なく、STGファンからも不満はあがりにくいでしょうが…。

ところでパッケージのオパオパがパステルカラーからは程遠いくらいにくすんでいて違和感があるのですが(後ろのボスも気持ち悪い)、これはバッドエンドのダークオパオパに乗っ取られた姿という事でいいのでしょうか。



ラスボスのダークオパオパを倒した後に涙を使うことでグッドエンディングに。

FZCCはSEGAAGES2500シリーズのラストを飾るにふさわしい内容であり、ファンにとってそのボリュームと作りこみだけで確実に定価以上の価値はあるでしょう。

私にとってはFZCCではなくSYSTEM16版FZⅡという新作横スクロールSTGを買ったといっても過言ではありませんが、いずれにせよ満足できる代物であることには間違いありません。



来年はファンタジーゾーンⅢだ!

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/859-af883bfb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad