NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PSYREN第89話感想

今週はこの前置きのところで語る事がびっくりするくらいまったくありません。

連載開始から89回も読んでいればそういうこともあると自分を納得させつつの、そんなサイレン第89話の感想です。
今週はセンターカラー+徹底解説のおまけ付です。表紙にも載っていますが、あねどきと同じくリボーンの邪魔にならないよう端っこに配置されているのがちょっと悲しいです。

徹底解説の内容はネメシスQ主と出会ってから先週までのダイジェストで、枠外アゲハの「しっかり読んでついてきてくれよな!」というセリフが先週のアンケートの設問(話についていけなくなった作品は?)とあいまって意味深です。

カラー絵はおそらく神経制御塔にて佇むアゲハと雨宮さんのツーショットです。例によって派手ではありませんが、今までのカラーと比較すれば割と悪くは無いと思います。何よりこの2人が主人公&ヒロインというのが途中参入の人にも一目で分かりそうなので。

では本編。
久方ぶりにマツリ先生と再会したアゲハ達は今回のドリフトで得た情報を伝え、自分や影虎さん達の最後を聞いたマツリ先生は自分ひとりでは動かないと約束してくれます。アゲハ達に代わってはるかぜ学園へ向かうマツリ先生は別れ際、例のDVDについても疑問を投げかけ、出発前に自分が確認していくと言って去っていきます。
そうそう、オジキのDVDが未来から帰ってきたらどう変化しているのかも気になっていた点です。前回のでチルドレンが宣誓の儀に行かず撮影していたオジキ死亡で消滅しているか、あるいはまた違う人物に変わっていたりするのでしょうか。

マツリ先生が去った直後、前から予兆があったデリートスパイダーの後遺症による雨宮さんの記憶喪失が表面化してきます。さらにはその影響でこれまで内面に潜んでいた破壊的な人格との葛藤が…ってうーん…確かにこれまでの辛い経験が多重人格を生み出していたというのは理に適ってはいますが、正直この手の描写は漫画ではありがちであまり好きではありません。
少し前カブトの精神で出てきたヨヨが友好的なヤツで意外だっただけに今回の黒雨宮さんこと黒宮さんにはちょっとガッカリです。どうでもいいですが、何でよりによって黒宮さん未来時の服着てるのでしょうか。
それにしても掲載順の下降といい天草様はロクな事してくれていませんな。

辛い記憶だけならともかく、アゲハ達と出会ってから増えてきた楽しい思い出も忘れてしまったと雨宮さんはアゲハに謝ります。そんな雨宮さんを抱きかかえてプールに飛び込み、俺ならいつもそばにいるからまたやり直そうと告げるアゲハは髪を下ろした容姿と相まってとてもカッコいいです。こうしてヒリューのいない間に2人の仲はしっかりと深まっていくのでした…。

一方マツリ先生から頼まれてはるかぜ学園へ向かうことになったのは久しぶりに登場の影虎さん。マツリ先生に頼られ、貸しのあるラン&ハルヒコを舎弟に加えて張り切る影虎さんが微笑ましいです。ハルヒコだって今は文句たらたらでも未来ではあんなに影虎さんの事を慕っていると考えると彼らのやりとりにも味わいが出てきます。

そしてはるかぜ学園に到着した影虎さん達ですが、そこにはなんとジュナスが…!という非常に気になる引きで次週へ。
ここでジュナス来ましたか。やっぱり前回の現代編からそうですが、現代と未来の要素がリンクしてくるとゾクゾクしてきますな。それにしても気になるのは何故ジュナスが学園にいるのかです。弥勒が学園に近づく人物の警戒のため派遣しているとも考えられますが、そこまでする人物なら山荘の一軒でアゲハ達を全員始末してるでしょうし、ちと難しいです。それよりはもともと学園の生徒、あるいは用務員であるジュナスをこの後弥勒がスカウトした方が自然かもしれません。

どちらにせよ来週どうなるのか楽しみですな。余談ですが最後のコマの影虎さんたちがどうみても学園の立ち退きを迫りにきたチンピラにしか見えません(笑)

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/888-b91190d8
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad