NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PSYREN第92話感想

今週は何といっても「保健室の死神」の最終ページに尽きるでしょう。全裸の阿修羅が魔羅を取り払うと呟きながら女キャラにモザイク投げつけるという異様な光景に腹を抱えて笑わせてもらいました。メガテン好きでテコ入れするにしてももうちょっと何かあるだろうと(笑)

とりあえずサイレンでは今後こんな大胆なテコ入れが入らないことを願いつつの、サイレン第92話の感想です。
今週は影虎さんVSジュナスの続きです。

予想以上に強かった影虎さんに対し、何やら刃状のバーストで真の力を出してきたジュナス。
この前の山荘事件で死に掛けてからより強くなったって影虎さんサイヤ人じゃないんですから。

そして不適に笑う影虎さんにジュナスは「阿修羅・解」というバーストを繰り出します。この「阿修羅・解」は超振動の摩擦で破壊するバーストのようでして、周りの木々や岩が蒸発してしまうくらいの熱量と威力を持っている模様。いやいや、ライズだけでも一級品なのに同時にこんなバーストも使えるとか現代でも強すぎないですか。それにしてもこの「阿修羅・解」はジュナスが手に白い刃のオーラを纏っているものなのでデザインが楽そうです。

そんな超威力のバーストに対して相打ち覚悟で真っ向勝負を挑む影虎さん。
やっぱり影虎さんバースト使わないでライズ一本なのですね。性格的にらしいですけど。

とここで2人の力が激突する寸前、遅れてきたハルヒコがジュナスに「電磁'n」を放ちジュナスのPSIを解除させます。未来で影虎さんを死なさないようアゲハに頼んでいたハルヒコ自らが影虎さんのピンチを救うとはなかなかです。ただショッカーの当たったコマはもう少しこう衝撃を与えたのが伝わるシーンにしてほしかったところです。

相打ち覚悟で突っ込んでいたためハルヒコの助太刀に若干スッキリしない影虎さんですが、その分をぶつけてやるとばかりに無防備になったジュナスを蹴り飛ばします。

その蹴りの威力はすさまじく、森を突きぬけて何十メートルの高さまで飛ばされていくジュナス。
そんな空を飛ぶジュナスを捕らえるべく影虎さんとハルヒコが追いかけようとしたところ、突如全身に目玉の付いた巨大な化け物がジュナスを受け止めます。

この巨大な目玉魔人はジュナスを助けるために理子が発動したPSIですが、それにしたってでか過ぎです。ゆうに100メートルは越えているその姿には後光が指しています。こころなしか岩代先生が久しぶりに異形を力いっぱい描いて生き生きしている様が伝わってきます。それにしてもジュナスといいカプリコといいまだ約束の涙も手に入っていないというのにこんなに強くて大丈夫なのでしょうか。

ジュナスを受け止めた目玉魔人はそのままその手を振り下ろし、森ごと影虎さんたちをなぎ払う力を見せ付けたところで今週は終了。といいますかこれジュナスを受け止めて降ろす描写がないまま握りこぶしを作っているのですが、ひょっとして中にジュナスが…。

影虎さんたち以上にジュナスの安否が気になるところですが、いずれにせよこれで今回のバトルは終了でしょうか。スピーディーかつその場の全員に見せ場も与えてなかなかだったと思います。ただこのままジュナスがカプリコを連れて行ってしまうだけでは戦い損なので、何か今後のワイズやグリゴリ探索に繋がる手がかりがほしいところです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/927-01cf9041
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad