NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

虫ふたプレイ中

虫ふた、とりあえず各モード一通りプレイしてみた上で感じたことなどを少々。移植度についてはそもそも虫ふたをアーケードでプレイしたのがずいぶん前の事なので言及しようがありません。

【アーケード・360モード】
アーケード版の移植と美麗なグラフィックに書き換えたモードです。
オリジナルモードを久しぶりにプレイしたまず真っ先に思ったのが、虫ふたってこんなに敵弾速かったかなと言うことです。初プレイで2面までノーミスノーボムだったのに3面で一気にゲームオーバーになりましたもの。中ボス後のダンゲム・ズィ地帯が怖いです。

しかし5回ほどプレイしたところで感覚を思い出したのか割とあっさりラーサまで到達しました。そうそうこの高速弾の嵐を切り返しまくるのが虫ふたの4面5面だったのですよね。エクステンド取り逃して残1ボム3だったのであと10回もプレイすればオリジナルはおそらくノーコンティニューでクリアできるでしょう。スコアシステムは…マニアックはともかく、オリジナルとウルトラは割とシンプルで、カウンタが緑の時にショット、青の時にレーザーで敵を倒すと琥珀がいっぱい出るとか確かそんなのだった気がします。

【ノービス】
初心者向けに難易度調整が加えられたモードです。
どれくらい易しくなっているのかといいますと、↑くらいの腕前の私がこれのウルトラを1ミスでクリアできるくらい易しくなっています。オリジナルやマニアックに関しては言わずもがなです。

易しくなっているのはオートボムがあるのも一因ですが、敵弾がかなりゆっくりになっているのが一番大きいかと思われます。それとボスの攻撃で顕著ですが、攻撃に対して避けるための道がある程度提示されていると感じました。あとボムだけでなくエクステンドアイテムまでも2個出現するという大盤振る舞いです(笑)

そういうわけで今作で弾幕シューティングを初めてプレイされるという方や、デスマから入った新規の方でも安心して遊べるモードだと思います。もちろんSTGは好きだけど、虫ふたはアーケードで難しかったからと躊躇している方でも大丈夫です。むしろそういう方にオススメかもしれません。ぶっちゃけ東方イージー~ノーマルの中間くらいをプレイしているような、いい意味でプレイヤーに上手と錯覚を起こさせるような調整に仕上がっていると思いました。

とにもかくにもこういう家庭用移植にあたってアーケードよりも簡単なモードを付けてくれるというのは喜ばしいことです。

【アレンジ】
PVでも紹介されていた敵弾跳ね返しがあるモードです。

レコとパルムを入れ替えつつ、操作していない方のキャラで敵弾を跳ね返せるといった具合です。
跳ね返した敵弾に攻撃力は無いのですが、代わりに琥珀アイテムが出現するようになっています。

2人分の火力&敵弾跳ね返し&オートボム(キャラごと)なので、これもシステムを把握すれば難易度はさほど高くないような気がします。とりあえず琥珀がアホみたいに出ますのでデスマの1.1同様爽快感を追求したモードでしょう。

【ver1.01】
初回特典でダウンロードできるモードです。
ver1.0といいますと、稼動当初前作のオリジナルやマニアッククリアラーを絶望の淵に叩き込んだ難易度が思い起こされます。イカが強いの何のって…ボムも4面ボス前まで手に入らないとかあれはホント酷かったですよ…。

今回のver1.01は難易度こそ相変わらずでしたが、ウルトラが選べたり2面ボス前でボムが手に入ったりしているのでそれとはちょっと違うのでしょうか。

まぁいずれにせよ物好きな方がプレイするおまけ程度と考えていいでしょう。


各ゲームモードについてはこんなところでしょうか。

それ以外だと特筆すべきはやはり充実を通り越して偏執ともいえるほどの調整が出来るオプション設定でしょう。STGの移植もので複数画面表示とか遅延フレームの設定なんてはじめてみましたよ。RFAのオプションも凄まじかったですが、今回の虫ふたはそれを上回っているのではないかと言うくらいの充実ぶりです。CAVEとM2が本気出したらここまでのものができるのですな。

とりあえず当面はレコ・パルム両方でのオリジナル1クレジットクリアを目標にしつつ、アレンジや各種実績にも手を付けていくといった具合でプレイしていくつもりです。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/943-f7c20876
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad