NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PSYREN第103話感想

今週のジャガーでバールが人気犯罪道具第1位で犯罪以外に使い道が無いと注釈込みでネタにされていますが、確かジャンプ内に現在進行形でバールが大量殺人に使われている漫画があったような気が…。

このように巻頭と巻末でバールがシンクロしている、そんなサイレン第103話の感想です。
ああ、本当にPSYRENが巻頭とは…ずっとこの時を待っていた…必ず死なす!(遊坂を)

まず冒頭1ページ目はページを3分割しての雨宮さん・アゲハ・遊坂の顔カットです。
そして見開きは夕焼けをバックにどこかのビルの屋上で佇むアゲハと雨宮さんです。
てっきり見開きはアゲハサイドVSワイズかと予想していましたが、主人公とヒロインの2人だけでヒリューはもちろん弥勒や07号も描かれませんでした。ワイズ連中のカラーが見られないのがちょっぴり残念ですが、2人の構図と色使いは今までのカラーの中でも良い方に入る出来だと思います。そう考えると見開きではないですけどまだ登場して5週くらいにも関わらずカラーを与えられた遊坂はかなり恵まれていますな。あとアゲハの首が父アスカと同じく若干長いのが気になりますが…。

では本編の続き。
トンファーを携えて自らも施設内へと侵入した雨宮さんはピーピングラヴァーなる有線トランスカメラを幾重にも張り巡らせて遊坂の姿を探します。

一方地下から遊坂探索に乗り出したアゲハの目の前には遊坂のPSI能力と思しきガスを噴射する巨大蠅が現れます。
この蠅はべるぜとのコラボ…なわけはないですよね。さりげに蠅の腹にデザインされているドクロマークがいかにも毒吐いてますよって感じでわかりやすいです。

アゲハは蠅に向かってメルゼズランスを放つもののメルぜズは周囲のガスに反応してうまくホーミングしてくれません。余談ですがメルゼズを放つコマで思い出したかのようにバーストストリームが描かれています。

ガスマスクも無い状態でどうするものかと焦るアゲハ。
一方マツリ先生はPSI障壁でバリアを張りつつ、アゲハの危機に対する潜在的能力を信じて待ち続けます。

それにしてもここでヒリューがいればドラゴンウイングで充満する毒ガスを一気に吹き飛ばす事が出来ると思うのですが…ホント何でこう肝心なときにいないのでしょうかヒリューは。

場面変わって惨殺した研究員達にお別れ会のような挨拶を一人する遊坂。
遊坂「みんなを殺さなきゃいけなかった理由は 特にありません」
理由無いんかい!
いかん、このセリフといい、わざわざ研究員達にパーティ帽かぶらせている事といい遊坂の言動が一周して面白くなってきました。

そんな楽しそうな遊坂をピーピングラヴァーの一つが捉えますがこれもまたもやニセモノであせる雨宮さん。
そこへ自衛官の生き残り達が現れ、銃弾が雨宮さんの肩を貫きます。
アゲハ、マツリ先生との応答を試みるも返答無く、意識が薄れそうになったところで雨宮さんの意識が黒宮さんに乗っとられて、シルエット+白目という皆川漫画的な登場で自衛官をボッコにしてしまいます。あの、黒宮さん口調が変わるのはともかく、肌の色まで変わるのはどうかと思うのですが…。

一方毒ガスを前にアゲハはメルゼズで何やらしようとしている…というメルゼズの新型らしきものを引っ張っての次週への引きです。

先週巻頭カラーでまともな人物がいないと危惧していましたが、今週遊坂の言動がエスカレートしているのに加えて雨宮さんまで黒宮さん化してしまって余計事態が悪化してしまいました(苦笑)メルゼズの新型含めそういう意味では一体どうなってしまうのだろうという期待はなかなかではないでしょうか。



2周年特別企画は人気投票ではなく「君の好きなPSI」人気投票。
…スケットのエピソード投票もそうですが、普通に人気投票でいいと思うのですけどねぇ。

一応リストも載っていますが、雨宮さんの「テレパシー」やマツリ先生の「気合バースト」、影虎さんの「ライズ」、マリーの「テレキネシス」などそれを技と分類していいのか疑問に思うものもチラホラ見られますし。

それでも敢えてこの中から個人的に好きなPSIを選ぶとすればもちろんドラゴンテイル…ではなく、グラナの日輪“天墜”でしょうかね。
作中メルゼズやセフィロト、マテリアル・ハイなどいろいろな能力が登場しましたが、そういった固有技ではなく物を動かすという基本のテレキネシスを極めた技としてグラナの強さをストレートに示しているのが理由ですね。

コメント

スゴい!!

毎週あんなに長い文
を欠かさず書き込んでいる
ことに初め見たときは
スゴく驚きました
PSYRENが大好き!!
ということが
よく伝わってきます。。これからも毎週頑張って
書き込んでいってください

  • 2010/01/31(日) 10:29:42 |
  • URL |
  • タクちゃん #-
  • [ 編集]

長文はPSYREN感想に限らず筆者の仕様なもので…。

本当にスゴいのは毎週たくさん書き込めるだけの作品を届けてくださる岩代先生であって、私は与えられたものに対して好き勝手書いているだけの単なるいち読者にすぎません。

しかしこうして少なからず私の感想を見て下さる方がいるというのはありがたいことですし、連載が続く限り付き合っていくつもりです。

  • 2010/01/31(日) 22:53:47 |
  • URL |
  • 筆者 #mzMb781o
  • [ 編集]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/968-49501d99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad