NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PSYREN第105話感想

先々週:巻頭カラー
先週:上から11番目

今週:



バクマン
PSYREN
めだか
ねこわっぱ
ジャガー


弥勒「何故だろう (掲載順が)死にかけているというのに 嬉しくてたまらない-…」

と予想通りの天墜に最早さすがとしか言いようがない、そんなサイレン第105話の感想です。
ついに遊坂の本体と接触したアゲハとマツリ先生、黒宮さんというのが前回までの流れです。

黒宮さんの変貌に気づいたマツリ先生ですが、前々から雨宮さんの中にもう一人の人格が存在することを知っており、黒宮さんのことをアビス(深淵)と呼びます。雨宮さんが過酷なサイレンドリフト(+家庭環境や学校生活)を続けていくなかで捨てていった負の感情のゴミ捨て場から生まれた人格ってところです。

それにしてもアビスとは…ネオ天草ほどではないですが、これもまた随分やってしまった感のあるネーミングです。

マツリ先生によるアビスの解説にアゲハが(ノ∀`)アチャーな表情で驚いたと思った次の瞬間、遊坂から主役を差し置いて何喋ってんだとのバールツッコミが入ります。確かにわざわざ旅立ちの日にパーティーまで開いた主役なのに無視されては遊坂もいい気分しませんよね。

ライズによる肉弾戦でアゲハに攻撃を加える遊坂。
アゲハが攻撃されたのを見て黒宮さんは遊坂に攻撃を仕掛けますが、これを遊坂はバールのようなものでガッチリガードし、掌から直接毒攻撃を試みます。しかしすんでのところでアゲハが遊坂を蹴り飛ばし遊坂の攻撃を防ぎます。

黒宮さんはアゲハに助けてもらった事で喜びを爆発させアゲハ好き好きコールを連発します。「宇宙で一番好き!!この世に生ける生物の中で一番好き!!」とまで言われたアゲハですが、告白の嬉しさよりも戸惑いを隠せないご様子。
そのままアゲハが黙っている事に対し黒宮さんは桜子はもうアタシだから分かってと声を押し出して訴えかけます。

しかしアゲハは離れた遊坂の方に視線へ向けたまま、元の雨宮さんに戻って欲しいと黒宮さんに告げます。
このやりとりの最中の遊坂の表情が実に下世話でいいですね。

アゲハに拒絶された黒宮さんは何で自分だけ深遠にいなくちゃいけないのかと自壊し、だったらおまえなんか死ねばいいと大方の予想通りアゲハに襲いかかります。どうやら黒宮さんの立ち位置は邪悪ではなく不幸なキャラのようです。という事は消去ではなく和解・融合という解決のパターンに後々なりそうです。

襲いかかった黒宮さんですが、アゲハは彼女を抱きしめ「すまない」と一言謝ります。
この「すまない」は受け入れてあげられない黒宮さんに対してでもありますし、気づいてあげられなかった雨宮さんに対してでもあるのでしょうな。

そんなボーイ・ミーツ・ガールな雰囲気を堪能する間もなく主役・遊坂のガスが再びアゲハ達を襲い、アゲハはとっさにボルテクスを発動させこれを凌ぎますが、度重なる発動により大きく疲弊してします。ちなみに黒宮さんは気を失って雨宮さんに戻っています。

さらにもう一度ガスを放とうと注射器を掲げる遊坂に対し、体力の限界を感じたアゲハは接近戦を挑みますが、それは接近戦で直接ウィルスを注入してやろうとする遊坂の作戦であり、ここで次回へと続きます。

遊坂は別に直接注入しなくとも、もうアゲハが限界なのは分かっているのですから離れて毒ガス攻撃すればいいのにと思わなくもないですが、わざわざ自衛官や研究員たちをバールのようなもので撲殺していたくらいですから、彼は直接殺しの感触を楽しみたい人物なのでしょう。特にキャンディマンはご自慢の必殺技でしょうからそれで苦しむ様が見たいと考えれば割と納得できます。

今週ライズバトルは画的にもスピード感があったのですが、間に黒宮さん関連のやり取りが入っていたため若干まとまりに欠ける印象を受けました。考えてみたらここ数週単にバトルしているだけでなく、マツリ先生の奇病、新キャラ遊坂、アゲハの黒化、そして黒宮さんなどいろいろ詰め込んでるんですよね。

ですので遊坂もいいキャラですが、さすがに来週で決着付けていいのではないかなと思います。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/978-16dd6a99
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad