NGD

かつてゲーオタだったかもしれない人の日記

PSYREN第109話感想

サイコー「俺『タント』やめたい」

自分たちの作品に誇りも愛着も持たず、読者の事も全く考えていないのならさっさと辞めたらいいんじゃないでしょうか。もっとも、人気が取れなければ今の作品をすぐ捨てようとする連中が今後何やっても成功するとも思えませんが。

少なくとも現実の連載陣にはこういう人は一人もいて欲しくは無いと思いつつの、そんなサイレン第109話の感想です。
今週は岩代先生の巻末コメントにもあるようにインターバルと言いますか息抜き的な回です。

エルモア邸に戻ってきたアゲハ達の下へ久方ぶりにカブトが合流します。ヒリュー再登場の時もそうでしたが、カブトも間隔が空いたせいか顔がかなり変わっている(イケメンな方に)気がします。

そこへ雨宮さんがやってきますが、研究所での一件以来意識しまくっている雨宮さんは照れ隠しにアゲハを一発ひっぱたいてどこかへ走り去っていきます。

場面変わってヴァンにCUREの指導を行うイアン。わずか1ページのシーンですが、2人の未来でのエピソードを踏まえて見ると味わい深いものがあります。
マツリ先生のウイルスが遊坂の攻撃によるものだと判明した時と同様に、こういう「原因(現代)→結果(未来)」だけでなく、「結果(未来)→原因(現代)」という逆の構成も出来るのはサイレンに限らずタイムスリップものの強みでしょう。

イアンがヴァンに教えているその頃、別室ではテレビで研究所爆発のニュースを眺めるマツリ先生と影虎さん。
やっぱり射場さんの遺体は放置されたままだったのですね。この後のアゲハのセリフにもありますが、これでは射場さんが報われないです。

その後中庭にてアゲハ・カブト・マツリ先生の3人による現状と今後についての話し合いが行われます。ん、この合間に一コマだけ描かれているバリバリ君(ガリガリ君パロ)は一体?アゲハもチルドレンも誰一人としてアイス食べているコマが無いのに謎です。

現代での弥勒の行方が掴めないとあせるマツリ先生に対して、アゲハは未来の弥勒本人に会って直接訊けばいいんだと言い、未来WISEの首都(アストラル・ナーヴァ?)への潜入を提案します。おいおい、マツリ先生も言っていますが、弥勒のいるところこそ07号の最終目的地であり、そこへ歩を進めるという事はアゲハ達の命は勿論、作品のまとめ的な意味でもかなり危険な作戦では…!

アゲハは1対1でなら未来の弥勒に勝てるのかというマツリ先生の問いに不敵な笑みを返して3人の話し合いは終了となります。いや、マツリ先生ではないですけど、遊坂を倒したとはいえ今のアゲハで弥勒に勝てるのかと聞かれれば…メルゼズがいくら反則的な能力とはいえ、それは弥勒のセフィロトにも言えることですし。単なる無謀・強がりとも違うこのアゲハの勝算を含んだ不敵な表情は一体何処から来るのか気になります。

俺は反対だからなとエルモア邸を後にするカブトですが、特訓の事もありますからその場になれば付き合ってくれるのでしょうね彼は。

その後はアゲハと照れ宮さんのドキドキなやり取りが展開されますが、ここに関しては少年でなくなった私にはあまりに眩しすぎて甘酸っぱくて直視できないのでコメントを差し控えさせて頂きます。とりあえずあの子全部のコマのSDマツリ先生とまりぃの破壊力が異常なのと、寸前でチルドレンが邪魔に入るというベタさにはさすがとしか言いようがありません。

そうしてモノローグと共にそれぞれの束の間の休息の日々が描写されますが、カブトの宝くじの件がちゃんと忘れられていなくてホッとしました。こういう小さな積み重ねが読者に丁寧さと信頼感を与えてくれるのです。

これで今回の現代編に一区切りが付けられ、最後はどこかの廃墟にいる07号が再びネメシスQのプログラムを発動させたところで今週はおしまいです。07号のいる廃墟のモチーフは軍艦島でしょうかね。グーグルで画像検索したらそれらしいのがすぐにあったので。

先週及び10巻購入したときは後2~3週でまとめて再び未来へいくのかなと予想していましたが、それに反して今週で締めとなりました。アゲハの提案するWISEの首都へ乗り込む作戦は非常に不安なものの、実際現時点で現代での手がかりが掴めない以上ここらで未来へ行くというのは物語的にも正解でしょう。

さて次回から5thゲームですが、注目すべき流れは主に2つです。1つは今回の現代編で起こった出来事が未来でどのような影響を及ぼしているのかです。具体的には先週登場したWISEの新メンバーや遊坂を倒したことによる影響などです。エルモア邸に姉フブキがお世話になっているので根にフブキが加わっている可能性もありそうですな。

そしてもう1つは4thゲームで残された伏線の数々です。ミラクルドラゴン&クサカベさんによる神経制御塔襲撃作戦の結果とヒリューの言う現代に持ち帰りたい情報、タブーへと生まれ変わった朧の消息、07号が未来弥勒と直接接触しない理由などです。シャイナの奥の手やマツリ先生が過去に遭遇したドルキさん以外の2人などもありますね。

そんな感じで次週からの5thゲームには4thゲーム及び今回の現代編以上に大きく期待しているわけですが、次回予告の「衝撃の光景が…!!」という一文がものすごく気になります。着いた早々根が壊滅しているとかそんなショッキングな展開になってなければいいのですが…。

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://blog01.blog31.fc2.com/tb.php/996-9a81e394
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FC2Ad